ロレックス図鑑

ロレックス オーバーホールのことなど

ロレックスはスイスに本社を置く腕時計メーカーの一つです。世界で最も有名な腕時計メーカーといっても過言ではなくここ、日本でも御多聞に漏れず、時計に興味がない人を含めて多くの人に認知されています。高級腕時計=ロレックスというイメージを抱く人も少なくないのではないでしょうか。 さて、ロレックスは腕時計の中でも機械式腕時計を販売しています。機械式腕時計は電池を使用せず、中のゼンマイの力で歯車を動かすことで時を刻むものです。非常に精巧に作られているため、正確な時を刻み続けるにはオーバーホールと呼ばれる定期的な分解清掃が必要となります。これは安物であろうと、ロレックスのような高級腕時計であろうと機械式腕時計を使用するにあたっては必ず行う必要があります。 ではロレックス オーバーホールについてですが、調子がよくても3~4年程度、長くても5年を目途に受けることをお勧めします。時間が経つにつれてムーブメントの中は汚れ、そのまま使用し続けると部品が摩耗して故障の原因となったり、部品の交換が必要になったりと返って高くつくことになりかねません。 ロレックス オーバーホールは正規店のみならず、街の時計屋などでも受けることができますが正規店で実施すると2年間の国際保証を受けることができます。一般には正規店以外の方が金額が安いものの、そこの技術力を見極めることも難しいこともあるため、やはり正規店に出すことが一番ではないでしょうか。また、ロレックス オーバーホールは正規店で中古品なども受付してもらえますし、それを通過することはメーカーから本物であるというお墨付きをもらうことになるため、真贋の鑑定の意味も含めて正規店で行う人も多いです。